内閣府 Cabinet Office, Government of Japan
防災情報のページ
  • English
ここからサイトの主なメニューです
今のサイト内の位置です。

ホーム > 災害応急対策  > 避難勧告等の判断・伝達 > 避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドラインに関する検討会(平成28年度)

ここからこのページの本文です

避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドラインに関する検討会(平成28年度)

 岩手県下閉伊郡岩泉町の高齢者施設が被災する等した、平成28年台風第10号がもたらした水害を教訓とし、避難に関する情報提供の改善方策等について検討するため、「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドラインに関する検討会」を開催する。

平成28年台風第10号災害を踏まえた課題と対策の在り方(報告)(平成28年12月26日公表)

(参考)
 内閣府では、今回の水害で、高齢者施設において避難準備情報の意味するところが伝わっておらず、適切な避難行動がとられなかったことが課題とされており、本報告も踏まえ、高齢者等が避難を開始する段階であることを明確にするなどの理由から、災害対策基本法第56条の市町村長による避難準備及び第60条の市町村長による避難勧告・指示について、ガイドライン上で規定されている名称を、以下の通り変更いたしました。

内閣府政策統括官(防災担当) 〒 100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館 電話番号:03-5253-2111(大代表)