日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震対策検討ワーキンググループ

防災対策実行会議 日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震対策検討
項目をクリックするとご覧になれます。
はじめに
日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震対策検討ワーキンググループについて

中央防災会議では、東北地方太平洋沖地震の教訓を踏まえ、これまで南海トラフ地震、首都直下地震について最大クラスの地震・津波を想定した防災対策の検討を進めてきたところです。
今般、日本海溝・千島海溝で想定すべき最大クラスの地震・津波の検討が進んだことから、これに対する被害想定、防災対策の検討を行うために、防災対策実行会議の下にワーキングループを設置します。
(令和2年4月21日の中央防災会議「防災対策実行会議」において設置が決定されました。)


第3回ワーキンググループ

所在地 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)
内閣府政策統括官(防災担当)

Copyright 2017 Disaster Management, Cabinet Office.