災害に係る住家の被害認定

(映像資料)住家の被害認定調査の判定方法

  • 全編 住家の被害認定調査〈地震による被害〉【木造・プレハブ】【平成31年3月】(32分39秒)視聴別ウインドウで開きます
             住家の被害認定調査〈水害による被害〉【木造・プレハブ】【令和 2年3月】(13分36秒)視聴別ウインドウで開きます

  • 被害認定調査の概要      被害認定調査や調査票の概要(3分25秒)視聴別ウインドウで開きます
  • 第1次調査                  地震編      外観・傾斜・部位による判定方法(16分10秒)視聴別ウインドウで開きます
                                     水害編      浸水深による判定方法、サンプル調査による判定(「被害認定フローの概要」含む。)(8分55秒)視聴別ウインドウで開きます
  • 第2次調査                  地震編      部位による判定方法(8分54秒)視聴別ウインドウで開きます
                                     水害編      外観・傾斜による判定方法(5分37秒)視聴別ウインドウで開きます
                                                    部位による判定方法(16分59秒)視聴別ウインドウで開きます
                                                    道連れ工事などの調査上の留意点(2分12秒)視聴別ウインドウで開きます
  • 調査関連の留意点         共通編      写真撮影の留意点(1分29秒)視聴別ウインドウで開きます
                                                   広報の留意点(47秒)視聴別ウインドウで開きます
                                    水害編      土砂の堆積、集合住宅等の留意点(1分40秒)視聴別ウインドウで開きます

  • ※視聴上の注意点

    ○地震編(平成31年3月)
    ・地震編は、「災害に係る住家の被害認定基準運用指針(平成30年3月)」等を基に作成したものであるため、次の点について、最新の改定内容(令和2年3月)を参照の上、読み替えをお願いします。

    -被害認定区分(「全壊」「大規模半壊」「半壊」「準半壊」「準半壊に至らない(一部損壊)」の5区分に変更)
    -罹災証明書(内閣府において統一様式を提示)
    -その他「調査票」、「災害に係る住家被害認定業務 実施体制の手引き」、「災害に係る住家被害認定業務 損傷程度の例示」等の関連資料

    〇水害編(令和2年3月)
    ・水害編は、地震編を補完する構成となっているため、第2次調査等、判定方法や考え方が同一の項目については、地震編を参照することとしています。

所在地 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)
内閣府政策統括官(防災担当)

Copyright 2017 Disaster Management, Cabinet Office.