南海トラフ沿いの異常な現象への防災対応検討ワーキンググループ

平成29年9月に取りまとめられた「南海トラフ沿いの地震観測・評価に基づく防災対応のあり方について(報告)」に示された南海トラフ沿いで異常な現象が観測された場合の防災対応の基本的な方向性に基づき、国は関係地方公共団体等の協力の下、考えられる防災対応や、それを実施する際の課題等について、地域の実情を踏まえて具体的に検討しているところ。これらの検討を踏まえ、南海トラフ沿いで異常な現象が観測された場合の防災対応の在り方や、防災対応を実行するに当たっての社会的な仕組み等について検討するため、防災対策実行会議の下にワーキンググループを設置する。

委員名簿・オブザーバー名簿(第2回)(PDF形式:88.0KB)別ウインドウで開きます
委員名簿(PDF形式:83.7KB)別ウインドウで開きます
オブザーバー名簿(PDF形式:83.8KB)別ウインドウで開きます

「南海トラフ沿いの異常な現象への防災対応検討ワーキンググループ」(第2回)平成30年6月11日

「南海トラフ沿いの異常な現象への防災対応検討ワーキンググループ」(第1回)平成30年4月12日

所在地 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)
内閣府政策統括官(防災担当)

Copyright 2017 Disaster Management, Cabinet Office.