ここからこのページの本文です

国際防災協力

2004年12月のインド洋津波災害、2011年3月の東日本大震災をはじめ、世界で大災害が頻発しており、世界の持続可能な開発を進める上で、災害被害の軽減は国際社会の重要な課題です。

防災協力の分野は日本の国際貢献の大きな強みであり、我が国が開催国を務めた第2回国連防災世界会議では、2005年から2015年までの世界の防災活動の指針となる「兵庫行動枠組」 (PDF)が採択されるなど大きな成果を収めました。さらに、2015年以降の後継枠組を策定するため、第3回国連防災世界会議が2015年3月に仙台市で開催される予定です。

我が国は、世界の災害被害の軽減が図られるよう、神戸にあるアジア防災センター(ADRC)国際復興支援プラットフォーム(IRP)の支援をはじめ国連等多様な主体と連携しつつ、国際防災協力を積極的に推進しています。


内閣府政策統括官(防災担当) 〒 100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館 電話番号:03-5253-2111(大代表)