内閣府 Cabinet Office, Government of Japan
防災情報のページ
  • English
ここからサイトの主なメニューです
今のサイト内の位置です。

ホーム > 国際防災協力 > 国連など国際機関を通じた多国間協力

ここからこのページの本文です

2.国連など国際機関を通じた多国間協力

国連防災世界会議

UNISDR(国連国際防災戦略事務局)との連携

 UNISDRは国際防災に関係する諸機関(国連機関、世銀、地域機関等)の調整窓口であり、国連防災世界会議の事務局をつとめるほか、世界防災白書の作成など様々な防災意識啓発活動を行っており、世界の防災戦略の推進に貢献しています。
 内閣府では、UNISDRの活動を支援しており、今後も「仙台防災枠組」の推進のため、UNISDRとの連携をはかってまいります。
  • 仙台防災枠組におけるグローバルターゲットのためのグローバル指標
    仙台防災枠組において合意された、グローバルターゲットの進捗を計測するグローバル指標が、2017年2月2日の国連総会で採択されました。
国連採択原文(英語)(PDF:699KB) 内閣府仮訳(日本語)(PDF:200KB)

IRP(国際復興支援プラットフォーム)への支援

 2005年、兵庫県の阪神・淡路大震災からの復興の取組も活かし、災害後の復興に関する様々な知見を集約・発信する国際復興支援プラットフォーム(International Recovery Platform:IRP)がたちあげられ、平成27年12月現在、17の政府、国連機関等により構成されています。
 第3回国連防災世界会議で採択された「仙台防災枠組」にも「ビルド・バック・ベター(より良い復興)」、国際復興支援プラットフォーム(IRP)の重要性が明確に盛り込まれています。我が国としては、各国の防災対応能力を高め、大規模災害発生後の復興段階において「ビルド・バック・ベター」の概念を盛り込んだ「災害に強い国づくり」を支援しています。
  • 国際復興フォーラム
    (開催実績)
    第13回国際復興フォーラム(平成29年1月、神戸)開催概要(日本語)(PDF:599KB)
    第12回国際復興フォーラム(平成28年1月、神戸)開催概要(英語)
    第11回国際復興フォーラム(平成27年1月、神戸)開催概要(英語)
    第10回国際復興フォーラム(平成26年1月、神戸)開催概要(英語)
内閣府政策統括官(防災担当) 〒 100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館 電話番号:03-5253-2111(大代表)