特集 復興に向かう柏崎から

災害に備えて、今、私たちにできること

いつ、どこで、襲われるかわからない震災。
尊い命を救い、被害を少しでも小さくするために大きな力となるのは自分の身は自分で守り、家族や地域で助け合うこと。
そのために、今、できること、しなければならないことを見てみましょう。
大切なのは、ふだんからの心がけなのです。

災害被害を少なくするのは「自助」と「共助」

大地震や豪雨など自然現象は人の力でくい止められなくても、災害による被害は自分たちの日頃の努力によって減らすことができます。

行政による「公助」はいうまでもありませんが、自分の身は自分で守る「自助」、地域や身近にいる人同士が助け合う「共助」こそが、災害による被害を少なくするための大きな力となります。ただし、身の回りの人を助けるには、まず自分が無事でなければならず、「自助」あっての「共助」です。

ふだん、できていないことを災害時に行うことはできません。平時から、「自分でできること」「家族でできること」「ご近所と力を合わせてできること」などについて考え、災害に備えておくことが大切なのです。

ふだんからの地域のつながりが大切

阪神・淡路大震災で家の下敷きになった人々の多くを救出したのは、家族や近所の人たち。大規模災害時の救助や避難などには、隣近所同士の助け合いがかかせません。自分のまちの危険な所を知っておく、近所づきあいやお年寄りへの声かけなど、ふだんからの心配りがいざという時に力を発揮します。

町内会や自治会が中心となって開催される行事で、地域の防災に関する取り組みを知ることができます。また、参加型の防災訓練では、救出・救護、炊き出しや避難訓練、地震体験車での揺れなどを体験できます。

〜あなたに伝えたい、わたしの教訓〜

一日前プロジェクト

「災害の一日前に戻れたら、あなたは何をしますか?」をテーマに、被災者や災害対応に従事した方々に取材。そこから導き出せる教訓などをまとめたものです。
http://www.bousai.go.jp//kyoiku/keigen/ichinitimae/index.html

始めよう、自分や家庭でできること

建物を強くするための基礎知識を身につける

建物の強さを左右するのは、柱の間隔や壁、柱を斜めに支えるすじかい(柱の間をクロスして補強するもの)の量など。開口部が多い建物は揺れやすく、結果として地震に弱い建物といえます。ホームページなどに建物の強さについて理解するための教材や実験などが紹介されていますので、自分の目で確かめたり、模型や教材などを使って実験してみましょう。地盤の揺れやすさや建物の基礎、周りの家との間隔にも興味をもちましょう。

建物の倒壊の様子をぱらぱらマンガで実感できる「パラパラぶるる」(出典:名古屋大学福和研究室)

部屋の総点検をする

部屋の総点検をする

大地震では、テレビが飛び、タンスが自分の上に倒れかかってきます。阪神・淡路大震災でも、多くの人が倒れてきた家具の下敷きになって、尊い命を失ったり、大けがをしたりしました。また、テレビや家具が散乱し、逃げ遅れた人もいます。一方、窓ガラスや食器は、鋭い破片を床一面に広げ、自分の行く手を阻み、素足で歩ける状態ではありません。スリッパやズック靴など、いつでも使えるように置いておきましょう。「生き残ってから」のことよりも「生き残るため」「死なないための努力」を先に行いましょう。まずは、身近な空間の安全点検と必要な対策が最優先です。

防災マップ(ハザードマップ)をチェックする

防災マップとは、大地震、津波、洪水などの自然災害が発生した場合の被害の様子や、避難・救援活動に必要な情報が掲載されている地図のこと。自宅はもちろん、学校や職場の近く、通勤通学途中にある避難所を、家族みんなで確認しておきましょう。なお、学校や職場で被災した場合は、先生や防災担当の指示に従いましょう。

防災マップは、市町村役場や公民館などで配布されています。また、各自治体のホームページにも掲載されています。

避難場所と避難経路を確認しておこう。(出典:板橋区危機管理室のホームページ)

情報発信の方法を知っておく

171

災害は、家族がそろっている時に発生するとは限りません。万一、被災した場合は、家族や知人に向けて、真っ先に自分から安否の情報を発信することが大切。家族の無事が確認できれば、安心して救援活動にも参加できます。安否確認には、災害用伝言ダイヤル171などのサービスを活用しましょう。そのほか、ケータイ災害用伝言板サービスや、WEB171災害用ブロードバンド伝言板などもあります。また、災害発生時には、被災地の外から被災地に向けては電話をしないようにし、無事の知らせは「被災地の外側」でリレーで伝えましょう。安否を連絡する遠くの親戚や知人や連絡方法を家族で決めておきましょう。なお災害用伝言ダイヤル171は、毎月1 、1月1〜3日、防災週間、防災とボランティア週間には、体験利用ができます。

外出先でいつも身につけておきたいもの

外出先でいつも身につけておきたいもの

外出先で災害にあう場合を考え、いつも身につけておきたいものがあります。重要なことは、無意識に持って歩けるような気軽さ。小ささ・軽さだけでなく、さいふやバッグ、衣類のポケットに入る、キーホルダーに付けられるなどがポイントです。

  • 連絡や避難、帰宅のための現金、万一の際に役立つ身元や連絡先を記したカード、持病がある人はかかりつけの病院の診察券や病名、処方薬を書いたメモなど。
  • 状況を把握するためのポケットラジオとメモ帳、筆記具など。
  • 出先で屋内に閉じこめられた場合に慌てないため、LEDランプ付キーホルダーと笛、口を覆うハンカチやペットボトルの水やチョコなど。

家庭やオフィスに常備するもの

家庭やオフィスに常備するもの
  • 速やかに屋外へ避難するために、履きやすく脱げにくいひもなしのズック靴、雨や防寒のためのレインウエア、ガラスや瓦礫をかき分ける革手袋、両手のあくLEDのヘッドライトなどを、寝室や玄関、オフィスの机の下などに多重化して置いておきましょう。
  • 速やかに屋外へ避難するために、履きやすく脱げにくいひもなしのズック靴、雨や防寒のためのレインウエア、ガラスや瓦礫をかき分ける革手袋、両手のあくLEDのヘッドライトなどを、寝室や玄関、オフィスの机の下などに多重化して置いておきましょう。
  • 「あれば便利なもの」より「なければ困るもの」を常にまとめて身近に置いておきましょう(常備薬、入れ歯や補聴器、スペアの眼鏡、通帳や証券類の控え番号を記したメモ帳など)。
  • 防災用の特別なものではなく、日常生活で無意識に更新されるものをストックしましょう。ティッシュやトイレットペーパー、ラップ、アルミホイル、大型ゴミ袋、レジ袋、水のペットボトル、新聞紙など、安価で入手しやすいものを定期的に更新し、多重化して置いておくこと。職場のロッカーや引き出しなどにも個人で使用するものを備えましょう。

所在地 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)
内閣府政策統括官(防災担当)

Copyright 2017 Disaster Management, Cabinet Office.