内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  防災情報のページ > 災害状況 > 山谷内閣府特命担当大臣(防災)から国民への呼びかけ(平成27年台風第11号への対応について)

山谷内閣府特命担当大臣(防災)から国民への呼びかけ(平成27年台風第11号への対応について)

1
台風第11号は、明日夜から17日にかけて、西日本に接近・上陸するおそれがあり、西日本から東日本では明日から、非常に激しい雨、猛烈な風、海は大しけとなる見込みです。
台風の動きが遅く、雨量がかなり多くなるおそれがあります。
死者・行方不明者98名の被害を出した平成23年紀伊半島大水害の台風と進路も似ていることから注意が必要です。
昨年の広島の土砂災害も踏まえ、人命に直結する土砂災害などに対して、特に厳重な警戒が必要です。
2
国民の皆様には、自らの身を守るため、市町村からの勧告等がなくても、気象情報などに注意して、少しでも危険を感じたら、躊躇なく積極的に避難するよう心掛けてください。
避難場所まで行くことが危険だと感じたら、近隣のより安全な場所に、外へ出ることがすでに危険だと感じたら、屋内の2階、3階等の谷側(山の反対側)に避難してください。
水路・海岸等には絶対に近づかないでください。
3
重ねて、国民の皆様には、空振りを恐れず、積極的に自らの身を守る行動をとっていただくようお願いします。

所在地 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)
内閣府政策統括官(防災担当)

Copyright 2017 Disaster Management, Cabinet Office.