内閣府 Cabinet Office, Government of Japan
防災情報のページ
  • English
ここからサイトの主なメニューです
今のサイト内の位置です。

ホーム > 災害状況 > 台風第18 号の接近に伴う大雨や強風への対応についての内閣府特命担当大臣(防災)から国民への呼びかけ

ここからこのページの本文です

台風第18 号の接近に伴う大雨や強風への対応についての内閣府特命担当大臣(防災)から国民への呼びかけ

現在、台風第18号の接近と前線の影響に伴い、台風近くだけでなく、台風から離れた場所も含め、明日(6 日)にかけて、西日本から北日本の広い範囲で大雨や暴風に厳重な警戒が必要です。
雨がいつどこでどれ位降るか、土砂災害がいつどこで起こるかを、正確に予測することは、困難です。 ですから、警報や土砂災害警戒情報が発表された時には、避難勧告が出なくても、もし、避難をした方がいいのではないかと自分で判断すれば、躊躇せずに避難をして下さい。
夜間や暴風・大雨時に外へ出て避難することが危険な場合は、屋内でも上階の斜面の反対側に待避してください。
不用な外出は控え、海岸や増水した河川・用水路など危険な場所には絶対に近づかないようにするとともに、台風の通過後も暴風や高波の影響がありますので十分な注意をお願いします。
内閣府政策統括官(防災担当) 〒 100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館 電話番号:03-5253-2111(大代表)