「コープぼうさい塾/わがまち減災・Mapシミュレーション」(減災への取組)

「コープぼうさい塾/わがまち減災・Mapシミュレーション」【日本生活協同組合連合会】

 

特徴

参加者の地元の地図を活用したMapシミュレーション(模擬体験訓練)による参加型のワークショップにより、参加者に多くの気づきを生み出し、震災を自分にとって身近な問題として捉える上で、大きな効果を発揮している。

参加者はこのプログラムで災害被害の軽減のためには、住民自らの備えと隣近所の協力が欠かせないことを学ぶ。また、この取組みを通して地域コミニュティの再生が図られてきている。

 

概要

「わがまち減災・Mapシミュレーション」の基本的な手順は、以下のとおり。

1.

コープの職員またはこのプログラムの体験者がファシリテーター(推進役)となり、この図上訓練を指導する。

2.

参加者をいくつかのグループに分ける。

3.

震災を自分の事としてイメージするために阪神淡路大震災のビデオを観る。

4.

居住地の大型の地図(3km四方)を広げ、Mapシミュレーションを開始。

5.

行政発行のハザードマップを参照して、地図に 避難所、消防署、病院等防災に関わる諸施設を書き込む協働作業を行い、居住地周辺の防災設備や防災体制がどのようになっているのかを学ぶ。地図には、地域に住む一人暮らしの高齢者、障害者、妊婦や乳幼児、外国人等災害弱者となる可能性のある家にもマークをつけていく。

図上訓練風景

6.

完成した地図を用いてこの地域に地震が発生した場合のシミュレーションを行う。ファシリテーターは火災や道路の陥没、液状化した地域、倒壊したビルなど地震による被害を想定したシナリオを読み上げ、参加者はそれを地図上に表す。

7.

ファシリテーターは参加者の地震発生後の5分後、30分後、3時間後の自分の取るであろう行動をメモさせ発表させる。また、参加者は指定された避難所に避難する経路を、地図上に記入させ避難させる。

8.

避難を終えたことを確認した上で、地震により参加者は家具の下敷きで怪我をしたあるいは動けないでいると記入した人がいるかを聞く。参加者のほとんどは自身が無事でいることを前提でメモをしており、住宅耐震や家具固定のしていない人は無事といえるのかを指摘する。また、災害弱者といえる人に声をかけ一緒に避難したかを問う。大半の参加者は1人で避難していることが多い。そこで、阪神淡路大震災で近所の協力で救助された数などを紹介し、地域の減災には隣近所の助け合いが重要性であることを認識してもらう。

 

目的

この取り組みは、参加者自身が家庭における住宅の耐震化や家具の固定など命を守るための具体的な備えが必要と認識されること、また、隣近所の人達と、地域の防災やいざと言うときには協力し合って助け合うことについて話し合いが進むこと等を目的としている。

 

経緯及び活動状況

能登半島地震、新潟県中越沖地震などで生協の組合員の多くが被災し、避難所生活を余儀なくされたことから、生協の事業継続計画(BCP)の一環としても組合員自身の減災が不可欠と認識し、減災プログラムの組合員への普及を位置付けた。

2007年に内閣府が減災国民運動推進の一環として取り組んだ「ぼうさいカフェ」に、日本生協連は仙台市、東京都立川市、京都市の3会場でこのプログラムで参加した。
その後、この取組みを「コープぼうさい塾/わがまち減災・Mapシミュレーション」と称して展開し、2008年度は全国104会場、参加者は1780人、2009年度は全国38会場1520人(12月現在)の参加をえた。

プログラムの参加者から、子供の通っている学校で実施したいので生協に協力して欲しいとの依頼もあり、学校の課外教育に取り入れる事例が生まれている。

幾つかの自治体、とりわけ消防署の担当から本プログラムが、地域の防災活動に広く活用できると評価をいただいている。2008年6月に広島市において100名規模で実施した本プログラムには、市内消防署員22人が一般の市民に交ざり体験した事例も生まれている。

 

取組の手引き

この活動では、震災体験者が自分の担当地域で自主的に実施する事例が多くみられる。今後、この訓練の裾野を広げるには、震災体験者が運営リーダーになることがポイントとなると思われるため、人材の発掘に努めることも視野に運営リーダー用の手引を作成した。

 

団体・企業名 日本生活協同組合連合会
連絡先 住所 〒150-8913 東京都渋谷区渋谷3-29-8 コーププラザ
担当 震災担当(亀山 薫、山岡 満)
電話番号 03-5778-8878
E-Mail Kaoru.kameyama@jccu.coop
mitsuru.yamaoka@jccu.coop
URL ../../../tolink/out554.html
kth22001

所在地 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)
内閣府政策統括官(防災担当)

Copyright 2017 Disaster Management, Cabinet Office.