マンションの1階だけが床上80センチ~水害きっかけに自主防災組織で水位センサー設置~

前線による大雨(平成24年8月)

マンションの1階だけが床上80センチ~水害きっかけに自主防災組織で水位センサー設置~

(宇治市 70代 男性 地区役員)

マンションの1階だけが床上80センチ~水害きっかけに自主防災組織で水位センサー設置~のイラスト

私のところのマンションは、ハザードマップで5メートル以上の浸水の可能性がある地域、いちばん低い水のたまり場のようなところに建っています。そして、今回の水害では、1階が床上7、80センチの浸水、2階以上は何ともないというように明暗が分かれました。1階の部屋の中は物がプカプカと浮いている状態でした。

水が少し引き始めたころ、私は1階に降りて行き、泥水をかき出す作業を手伝い始めました。それを見て、だんだんと他の人も手伝いに来るようになり、配電盤の水没でポンプが使えなかったので、数時間、手作業で泥水のかき出し作業を続けました。

非常に関係の希薄なマンションですが、この経験を『災い転じて福となす』としたいと、103世帯のみなさんに呼びかけて、自主防災組織としての防災委員会を作り、いろんな勉強をしながら少しずつ防災意識を高めています。

それと、水をキャッチしたら警報が鳴るように、敷地内で一番低い入り口の床から20センチ上に水センサーをつけました。何らかの形で危険を知ることができれば全館放送ができるし、防災委員会がすぐに駆けつけて、土のう積み作業などを開始できますからね。

kkh26007

所在地 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)
内閣府政策統括官(防災担当)

Copyright 2017 Disaster Management, Cabinet Office.