富士山ハザードマップ検討委員会第1回活用部会の議事要旨について

記者発表資料
富士山ハザードマップ検討委員会第1回活用部会の議事要旨について
平成13年8月22日
内 閣 府
総 務 省
国 土 交 通 省

富士山ハザードマップ検討委員会の第1回活用部会が以下のとおり開催されましたのでお知らせします。
日時 : 平成13年8月22日 14:00〜16:00 場所 : ホテル・ルポール麹町(麹町会館) 3階「マーブル」 出席者 : 廣井部会長、荒牧委員長、池谷委員、
石原委員、小山委員、藤井委員、
山崎委員、吉井委員、布村委員、
務台委員(代理)、岡本委員、小宮委員、
高橋内閣府政策統括官(防災担当)、
北里内閣府審議官(防災担当)、他

本日は台風が接近しているため、関係都県、市町村の委員、オブザーバーに対し、防災対策に万全を期していただくため本部会への出席を求めず、今後今回出席できなかったこれらの機関のために今回の審議内容を説明し、意見を聞く場を設けたいと考えているという連絡を行った。

事務局から、(1)、検討を進めるに当たって整理しておくべき事項、(2)、ハザードマップや防災マップ等への記載項目等、(3)、検討対象とする噴火等ケースとシナリオ、(4)、被害想定の考え方、(5)、火山防災用語集の作成、についての資料の説明があり、これに基づき質疑が行われました。その概要は以下のとおりです。

○ 本委員会で使用する語句の意味についてはほぼ提案のとおりでよいが、よりふさわしい表現があれば今後差し替えていく。また、必要に応じて、今後、語句を追加して整理する。

○ 本委員会のアウトプットとしては、単なるハザードマップではなく防災情報も含めた防災マップとし、宝永噴火が現在起きた場合の被害想定、富士山全体の火山防災対策のあり方、地域防災計画等のガイドライン等とすることを念頭において検討を進めていく。

○ 地元に臨場感を持って理解してもらうために、宝永噴火等に関する伝承や史料の掘り起こしを、地元の協力で実施してはどうか。

○ 他火山のハザードマップの課題を調べるにあたっては、行政機関だけでなく、その地域の住民へのヒアリングも実施すべき。

○ 防災マップをつくるための噴火等ケースの発生の可能性の高さを検討することは難しいのではないか。

○ 富士山で過去に発生した噴火以外の噴火が起きるのか、起きないかは、一般市民にとって重大関心事であり、そのための検討は大切である。

○ 防災マップに避難所等を記載するにあたっては、避難対象人口が相当膨大になるため、実現可能な避難場所を表示ができないおそれがあり、地元の自治体の意見を聞く必要がある。

○ 被害想定において東京等大都市で降灰被害が発生することを単に示すのではなく、これに対する対策についても何らかのメッセージを示すべきである。

○ シナリオを想定した場合、それが一人歩きし、それ以外のことが発生しないと誤解されることは防災上問題であるので、そのための工夫が必要である。

今後は、9月10日(月)14時から基図部会を、10月9日(火)14時から次回の活用部会を開催する予定です。

  • 問い合わせ先
  • 内閣府 参事官(地震・火山対策担当) 布村 明彦 (03-3503-5692)
  • 〃参事官補佐 斎藤 誠 (03-3501-5693)
  • 総務省消防庁防災課 課長補佐 長尾 一郎 (03-5253-7525)
  • 国土交通省河川局
    砂防部砂防計画課 砂防計画調整官 南 哲行 (03-5253-8111)
    (内36-102)
  • 課長補佐

    伊藤 仁志 (03-5253-8111)
    (内36-102)
  • 〃気象庁 総務部企画課防災企画調整官 横田 崇 (03-3214-7902)
  • 地震火山部管理課計画係長 中辻 剛 (03-3211-8684)

所在地 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)
内閣府政策統括官(防災担当)

Copyright 2017 Disaster Management, Cabinet Office.