表示段落: 第2部/第3章/4


表示段落: 第2部/第3章/4


4 火山災害対策

(1) 火山噴火の予知及び防災に関する研究

 科学技術庁防災科学技術研究所においては,火山噴火予知の研究,火山噴火調査研究等を推進するため,三宅島等の火山活動に関する観測研究を行うとともに,三宅島の火山活動観測施設の整備を行った。また,火山専用空中赤外映像装置による観測を実施するとともに,火山活動の総合評価等のためのシステム開発の研究を行った。

  (国費 154,763千円)

(2) 雲仙火山:科学掘削による噴火機構とマグマ活動解明のための国際共同研究

 科学技術庁研究開発局・防災科学技術研究所・海洋科学技術センター,通商産業省工業技術院地質調査所,建設省国土地理院,気象庁気象研究所においては,科学技術振興調整費総合研究により,山麓での山体掘削等による噴火活動史の解明,マグマ供給や噴火のモデルの構築等,研究を行った。

  (国費 192,000千円)

(3) 火山噴火予知に関する基礎的研究

 文部省においては,関係国立大学における火山噴火予知に関する基礎的研究を推進するため,観測研究体制の整備を図るとともに,特定火山集中総合観測及び火山噴火予知観測設備の整備を行った。

  (国費 265,790千円)

(注)

 予算額のうち47,763千円は 3章2-1(10) の再掲である。

(4) 火山噴火予知に関する研究

 通産省工業技術院地質調査所においては,火口噴火予知研究の推進のため,活動的火山の地質学的調査および観測研究を行った。

  (国費 18,528千円)

(5) 海底火山噴火予知の推進

 海上保安庁においては,海底火山活動海域の調査及び磁気測量を行った。また,人工衛星から取得したデータの解析技術の開発を引き続き行い,火山噴火予知技術の向上を図った。さらに,海域における火山噴火の予知に関する的確な情報収集と提供を図るため,海域火山基礎情報の整備を行った。

  (国費 11,336千円)

(6) 火山噴火予知に関する研究

 気象庁においては,気象研究所を中心に火山に関する研究を行うとともに,火山噴火予知連絡会を通じて,関係機関と緊密な連携を図り,火山噴火予知に関する研究を行った。

(7) 火山観測施設の整備等

 気象庁においては,火山常時観測及び火山機動観測等を行うとともに,桜島,安達太良山の火山観測施設の改良更新を行ったほか,三宅島の火山観測施設の整備等を進めた。

  [国費 515,306千円]

(注)

 予算額については 4章4-2(2) に計上したものと同じである。

(8) 火山活動と火山周辺の地殼活動に関する基礎的研究

 気象庁気象研究所においては,科学技術振興調整費重点基礎研究により,噴火の発生機構や火山活動の推移を予測する「火山活動と火山周辺の地殼活動に関する基礎的研究」を引き続き行った。

  (国費 8,515千円)

(9) 火山噴火予知に関する研究

 建設省国土地理院においては,火山噴火予知の基礎資料とするため,火山変動測量及び機動連続観測を行った。

  (国費 10,968千円)

所在地 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)
内閣府政策統括官(防災担当)

Copyright 2017 Disaster Management, Cabinet Office.